医院名 医療法人 木暮医院
院長 木暮正美
住所 370-3574
群馬県前橋市清野町104-1
電話番号 027-251-9101
FAX番号 027-251-9598
診療案内 在宅診療支援診療所、アルカディアルーム、内視鏡検査、循環器科、内科、小児科

漢方相談室

◎ごあいさつ  「漢方は効くらしいけど、どこに相談したらよいかわからない」という声をよく聞きます。                地域の皆さんに漢方分野で貢献したいと2016年4月に開かれたのが、木暮医院漢方相談室です。                  これまでも、木暮医院は漢方の治療も行ってきました。 井上正文薬剤師は、1984年から中国の西安在住の人間国宝「張学文(ちょうがくぶん)」医師に師事してきました。 以前から勉強会でご一緒させていただいてきました木暮院長のもと、漢方を専門に相談に当たらせていただく運びになりました。                      「大河の一滴」ではありますが、おだやかにのびやかに、漢方を通じて暮らしやすい地域づくりの一翼を担っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

◎予約優先  漢方の処方を決めるには、体質を見極めなければなりません。 患者さんも相談室も有効に時間を使うために、予約優先とさせていただきます。(バイタルチェックもありますので、10分程度前に受付を済ませてください)  

◎初回  電話でも予約ができます。基本、月・火・水・金の午後2時半から3時半までです。都合がつかない場合は、その曜日の午後に45分取れる時間を事務の職員さんと相談してください。午前中は混み合います。 15分程度しか時間が取れませんが、それでよければ予約しておいでください。  

◎費用  一般的な受診のほかには、いっさい費用はかかりません。また、木暮医院は、院内処方なので、診察後、窓口で薬をもらって帰れます。 ご希望の方には院外処方せんもお渡しできます。  また、ご希望の方には当院東側の「いえみつ漢方堂」に、自費の漢方薬をご紹介します。ameblo.jp/iemitsu-kanpodo/  

◎井上正文薬剤師 自己紹介  生きていれば、老いや病いに悩み苦しむこともあります。みな避けられないものですが、うまく付き合う方法の一つとして、漢方薬があります。                                                      病気になって気づかせてくれた自分の体質のゆがみを整える方法として、漢方薬をお勧めしています。                     西安の張学文先生のほか、北京の路京華(ろきょうか)先生や上海の張振東(ちょうしんとう)先生と研鑽を重ね、患者さんの体調の変化に合わせて漢方薬の組み合わせを変えていく方法をとっています。                                         心療内科分野(不眠・ゆううつ)や耳鼻科分野(耳鳴り・難聴)や婦人科(更年期障害・子宝)やがんなどの難病、また、肩コリ・膝や腰の痛みなど日常的な疾患に対して、生活習慣(食生活など)の提案を通じて、病気を経験したことによって新たな気づきを共有するきっかけにしたいと思っています。                                                             「心と体にやさしい漢方の知恵」(上毛新聞出版)などの著書があります。                                 現在、清里公民館では毎週火曜日の夜に仲間たちと太極拳を楽しんでいます。  また、まえばしシティFM(84.5MHz)で、第一火曜日昼の12時半から「健康が一番」に、2015年からレギュラー生出演して、漢方に対する理解を広げています。 趣味は、温泉巡りと映画鑑賞です。